STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

SuperGT 鈴鹿サーキット

どうも。
香港旅行がなかなか終わらない

 

私です。

 

先日、縁ありまして

 

2011 AUTOBACS SUPER GT 第5戦
第40回 インターナショナル ポッカ GT サマースペシャルへ行って参りました。

 

お話をいただいた時には相当な暑さを予想していたのですが
実際には正反対で、ほとんど雨の中での観戦で
少し肌寒さを感じる事もあるほどでした。

 

それでも暑さで熱中症になる事を思えばずっとましですが。

 
まず、駐車場から最初についたのはGPスクエアです。
ここではたくさんのショップやイベントブースがならんでいましたが

ついついエヴァコーナーに目が行ってしまう私です。 

 

01

 

エヴァレーシングコーナーではドライバーを招いてイベント中です。
ファンの方が手作りしたエヴァフラッグを初号機チームに渡していました。

 

 02

 

そして鈴鹿の新名所(そう書いてあったので間違いないと思います。)
パドックトンネルを抜けていくと

 

(昔来たときにはただの地下道っていう感じでしたが
今はエスカレーターやエレベーターまで完備されており
ずいぶんときれいになっていました。名所と言い張るだけの事はあります。)

 

03

 

今回の目的地ホスピタリティラウンジに到着です。
04

 

すでにチームの皆さんの挨拶が終わるところだったのは残念です。
部屋に入ると同時に出て行かれました・・・。

このラウンジではお弁当もいただきました。

 

05

 

ソフトドリンクは飲み放題ですし
エアコンも効いていて大変快適な空間でした。

 

ちょうどピットの真上になりますので
ピット作業も外の観覧席に移動すれば間近で見ることも出来ます。

 

09

 

しばらくするとピットウォークが始まるということで
皆さんと外へと移動しました。

 

06

 

ガソリンの匂いとエンジン音が、
レース開始への期待を高めてくれます。

 

07

 

08

 

練習走行が終わると
コース上に並んだマシンの側に近寄れるレース前最後のチャンスです。

 

10

 

ドライバーやメカニックが最後の調整に余念がありません。
目の前でそんな様子を見られるのは感動です。

 

11
12
13

 

そしてレースがスタートし約3時間の激闘が始まったのでした。

 

14

 

15

短い動画にまとめましたのでこちらもご覧ください。

 

 

 

何か物足りないとお感じの紳士のみなさん。

 

お待たせをいたしました。

 

スーパーGTといえばもう一つのお楽しみ。
サーキットの華”RQ”

で す よ ね。

 

最後は彼女たちの画像を載せられるだけ載せました。
(この写真を武○さんへ捧げます。)

 

16

 

17

 

1819

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

HKといえば香港 その13<ビクトリアハーバー>

皆様こんにちわ。
毎度お騒がせしております。

 

香港の時間の時間がやってまいりました。

 

私、ガイドの邪気一遅延です。(嘘)

 

さて、香港の旅も3日目となり、
ようやく折り返し点を過ぎる事になりました。

 

本日は、香港市内を巡れるだけ巡っちゃおう。」
ショッピングあんどグルメツアーの巻です。

 

初日にもお世話になった我々の大恩人。
Mさんのプランニングであります。

 

まず最初に向かったのは
お土産屋さんでした。

 

01

 

すみません。
写真はこの看板だけです。
(香港の人気コメディアンさんだそうですが、ごめんなさいよく解りません)

 

でも、中ではパンダクッキー(Mさん大推薦、定番土産だそうです。)
小さなマンゴーケーキ、パイナップルケーキ(ちょっと乾燥気味?)
などなどが狭い店内にぎっしりと並んでいました。

 

店内は私たち5人だけでしたので、試食し放題。
下手したらここで昼食分まで食べられそうです。

 

どうせ買わなければならないのですから
Mさんの顔で値引もしてくれるようですし
店員さんも可愛いし、親切だし、可愛いし。

 

結局ここで買ってしまいました。

 

ただ、日本に帰ってからパンダクッキーを見ると
スーツケースに詰め込み過ぎたためか
ほとんど、原型を留めないまでに砕けてました。

 

お土産を渡した方々には申し訳ないです。
次からは無理な詰め込みは止めようと思います。
(反省だけならサルでもできる。)

 

という事で

 

次は、香港市民が普段使っているスーパーマーケットを探訪です。
(お土産も安く手に入るはず。)

 

02

 

03

 

品揃えは日本とは大きく変わってるとは思いませんでした。
日本製品や日本製品ではないけど日本製品ぽいもの。

 

そうそう、以前にも書いたかもしれませんが
「出前一丁」の品揃えが素晴らしく
日本では販売されていない味が何種類もほぼ陳列棚一面を占めていました。

 

お土産用に海鮮味とカレー味を買わせていただきました。
(香草風味もありましたが、パクチーは勘弁・・・。)

 

その他、紙パックマンゴージュース12本セット。
1本当り25円くらいだったので迷わずゲットです。
これなら安いですよね。

 

(帰国後、冷蔵庫で冷した後、わくわくしながら飲んでみましたが
 ジュースではなく、マンゴー風味のお茶でした。安い訳です。
 パッケージを良く見たらちゃんと「TEA」と書いてありました。

 

 同じ物を一緒に買った方にすぐ報告しましたが、
 既に飲んだ後でしたがジュースだと思い込んでいた事は内緒です。)

 

それから隣のドラッグストアで買った知覚過敏対応の歯磨きチューブは
今でもまだ愛用しております。

 

さて

 

みんな思い思いのお買い物を済ませ
次は昼食の飲茶専門店へと向かいます。

 

ぶらぶらと駅に向かって歩いていく途中

 

04

 

折角だからということで。
「星光大道 Avenue of Stars」を通っていこうという事になりました。

 

前日の夜に生ライブを堪能したあたりを通り過ぎ
大きな道を渡るとビクトリアハーバーを望む
「星光大道 Avenue of Stars」です。

 

道を渡るのに使った歩道橋がエレベーター付きで
なおかつ冷房完備だったのにはちょっとクリビツです。

(なぜ業界用語?Avenue of Starsだけに。)

 

05

 

さすが香港!
(変なところに感心してしまいました。)

 

そして、エレベーターを降りるとそこには青々とした海が見えます。

 

06

 

天気もよく(まあ暑い事は暑いんですが)
本当に綺麗でした。

 

07

 

ほどなく、目的地に到着です。

 

08

 

ここには映画に関するモニュメントが色々とおかれています。

 

こんなのや。

 

09

 

こんなの

 

 

10

 

観光客のみなさんはこれらモニュメントと記念写真を撮っていました。
もちろん我々も撮りましたが
さすがにちょっと恥ずかしいものもありますのでこれはカットです。

 

11

 

一応これだけは載せときます。

 

12

 

ジャッキーチェンの手形です。
全身が見えないようトリミングした為
解像度が落ちてしまっていますがご容赦を。

 

実は、これ以前にジャッキー何々という手形を見つけて
「ジャッキーや!ジャッキーや!」と
シャッターを切りまくったのですが
どうやら別人だったようで・・・。(恥)
その後見つけたのがこの手形でした。
それでテンションがガクッと下がり1枚しか撮らなかったわけです。

 

それからこれ
ブルースリー

 

13

 

しょこたんでおなじみですね。
香港に来たら必ずここへ来るそうです。

 

httpvh://www.youtube.com/watch?v=lliDYvQXtPA

 

はい、ゴールが見えてきました。

 

14

 

この後は地下鉄に乗って香港市内の中心部へと向かうのです。

その前に、面白い飲み物を見つけたのでご紹介。

 

15

 

最初は何の変哲も無いただのコーラなのですが
キャップを緩めるととたんに氷になっていきます。
この写真は緩めた瞬間です。
内部が凍っているのが見えるでしょうか。

 

この後の状況はこちらの動画をご覧下さい。
慌てるご婦人の様子が見て取れます。

 

httpvh://www.youtube.com/watch?v=rqRWKJ9GPaE

 

おそらく、過冷却現象を使っているのだろうと思うのですが
どうでしょう?

 

閑話休題

 

なんやかんやで、街中へと進みます。

 

地下に潜る前にでっかい看板が気になったのでご紹介。

 

16

 

この相撲取りは何をしているのでしょうね。
こいつが寿司バーまで魚を持ってきてくれるのでしょうか。
ご存知の方はご一報を。(嘘です)

 

寄り道が長くなりました。
すみません。

 

それでは地下鉄に向かいます。

 

17

 

私だけが思うのかもしれませんが
雰囲気が妙に名古屋市営地下鉄の駅に似てるんですよね。

特に名古屋駅。

 

壁の感じとか。空気感とでもいうのでしょうか。

 

18

 

切符の買い方は全然違いますが
Mさんのナビでなんとかこなしました。

 

これが苦労の末にゲットしたチケットです。

 

19

 

さすがに長くなりましたので
飲茶のご紹介は次回といたします。

 

httpvh://www.youtube.com/watch?v=T5Q_AFAF_wk

 

さらに番組は続きます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

HKといえば香港 その12 <香港ナイト>

ありがた山のホトトギス、
月夜にうれしと鳴きましょう。

 

中田ダイマルです。ラケットです。

 

F社のTさん。お元気ですか?

 

またまた、判り難くてすみません・・・。

 

 

さて、香港の旅2日目の夜となりました。

 

001

 

マカオから無事帰還し
おなかも一杯になった私。

 

ホテルでゆっくりしたいなと思っていたのですが・・・。
悪魔のような白い服の人からお誘いです。

 

いやいやいやいや、遊びに行くなら他のみなさんとどうぞ。

私はまったりしたいのです。

 

でも、だめでした。

 

というか、折角の香港で寝てるだけというのもどうよという
もう1人の自分にも負け、結局夜の街へと連れ出されたのでした。

 

002 

 

自分が先に様子を見てくるからという白い服の人に

店の選択はお任せしていましたら

 

「今から、生演奏が始まる店があったからそこへ行くぞ。」と
おっしゃいます。

 

言われるままに後をノコノコついて行くと
そこは海岸沿いの幹線道路に面した大き目の歩道で
たくさんのテーブルや椅子を並べた
オープンカフェがづらっと並んでいます。

 

そのテーブルには、すでに一杯やってる
アングロサクソンの方々がたくさん座っていました。

 

不思議と、モンゴロイドの方はいません。
お店の感じもイギリスのパブといった風情でしたので
そういった客層をターゲットにしているのでしょうか。

 

なんていうことを考えながら
オープンカフェを4,5軒潜り抜けたところで
目的のお店に到着です。

 

003

 

お店の入り口にあるステージには
いかにも歌が上手そうな女性を中心にしたバンドが立っています。

 

004

 

メニューも全てがボリューミー。

 

飲酒組とソフトドリンク組に分かれて注文です。

 

MOJITO!!

 

005

 

いやー見た目にたがわず歌が上手い!

 

たとえるならば、ボディガードのテーマを歌ってたあの方とか
タイタニックのテーマを歌ってたあの方みたいな感じです。

 

006

 

本当はYoutubeで動画をUPしようと思っていたのですが
よく考えると著作権的にもまずいので
今回は断念いたしました。

 

残念です。

 

ほんと、聞いてもらいたかった・・・。

 

007

 

頼んでいた料理も届き始めました。

 

隣で白人のお兄さんが食べていたハンバーガーが気になったので
頼んだのがこちら。

 

008

 

それから、ピザも。

 

009

 

ハンバーガーのでかい事。

初めてナイフとフォークを使って食べましたよ。

 

010

 

こちらは、思い切っていってますが(笑)

 

011

 

その後はリクエストタイムもあったりして
片言のイングリッシュでがんばりました。

 

012

 

途中では突然の雨が降ってきて
店員さんも大慌てというシーンもありましたが
なんとか、でっかいパラソルを開いてもらい
ぬれずに済みました。

 

013

 

男性の方も上手でしたよ。
なぜか歌っている途中、時計ばかり気にしていましたが。

 

帰り道にも同じように生バンドを入れているお店がありましたから
もしかしたら、掛持ちで演奏しているのかもしれません。

 

次のお店の時間が迫っていたのかもしれませんね。

 

014

 

ギターのおじさんも(ボクより年下だとおもうけど)
やたらかっこいいです。

 

015

 

美味しい料理とドリンクに素晴らしい演奏・・・。

 
白い服の人。

 

すんませんした。

 

やっぱり

来て良かったです。

 

本当にあざした。

 

016

 

次回は3日目です。

 

またまた、Mさんのご案内で
香港市内を巡ります。

 

中華パッドもあるでよ。

 

更に番組は続きます。

 

httpvh://www.youtube.com/watch?v=z0oyCFVmfbo&nofeather=True

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

HKといえば香港 その11<勝負!マカオグランドリスボア>

P村から、おはこんばんちわ。

 

と前回書きましたら

 

P村って何?と聞かれてしまいました。
もちろん、このPはペンギンのPであります。

 

で?

 

いやいやいや、ここまで書いても?な方はご自分でググってみてくださいね。

 

さて、
ベネチアンホテルでの負け分を取り戻す旅に出た
2人が一体どのような結末を迎えるのか?

 

これが今回のテーマであります。

 
負け組みがやってきたのがこちら。
グランドリスボアです。

 

01

 

こちらのホテルもベネチアン同様に
大きなカジノを擁しています。

 

まず、正面から意気揚揚と乗り込みますと
左右に巨大な宝石を従えた、
この胸像が迎えてくれます。

 

02

よく、説明文を読まなかったのですが
たぶん、創立者かホテルのえらい方でしょう。

 

たぶん。

 

ホテルの内部はやっぱりキンキラキンというやつです。

 

03

 

ここから先のカジノエリアは撮影禁止だと思われましたので
写真はございません。(あしからず)

 

こちらのカジノはベネチアンホテルよりも、
人の数が多くごちゃごちゃした印象でした。

 

見渡せばほぼ全体像がわかる(個人的感想です)ほどの広さです。
エアコンの効きも今一つ。

 

人を掻き分けるほどでもありませんが
私たちはカジノの中をゆらゆらと泳いでいました。

 

とりあえず、大小の負けは大小で取り戻せ」という
マカオ格言(マカオ格言集by民明書房より)のとおり、目指すは「大小」です。

 

到着した私たち(野次馬3人と真剣な人1人)は、
(ちなみに大負けしなかった方、今回は野次馬組です。)
まず、場の流れを観察しました。

 

 

こんな感じです。

 

大大大大大大大大大大


妙に大の続くテーブルです。

 

博打とは不思議なもので、野次馬が思う目が出るんですね。

 

私なんか、もし賭けていたら3回くらい連続で当てています。
(まあ、当っても何の意味もないんですけど・・・。)

 

しかし、そういう、後でごちゃごちゃ言ってるだけの
野次馬の意見を聞かないところが
この真剣な人の良いところです。

 

この方はちゃんと自分の信念を貫きましたよ。

 

見事に。

 

 

つまり、何が言いたいかと申しますと

 

 

負けが増えました・・・。

 

終了した時点で、マイナス2万円です。

 

でもね、

脇でごちゃごちゃ言うだけで一銭の投資もしていない私に比べれば
えらいと思いましたよ。

 

なんとか、カジノで勝って
みんなにご馳走してやるんだという気持ちが本当の原動力でしたからね。
(ここだけの話しですよ)

 

結果は散々だったとしても
身銭を切って戦った(オトコ)です。

 

健闘を称えようではありませんか!!
みなさん!
(って誰に言ってるんでしょう)

 

 

熱い暑い戦いが終って、私たち一行は香港へと戻る事になりました。

 

04

重苦しい雰囲気が漂う中、
長い行列でタクシーが来るのを私たちはひたすら待ちつづけました。

 

様子を見ていると1台来てから次の1台までの間が5分程あります。
自分たちの前にいる人数から想像すると、
1時間近く待たされる事になりそうです。

 

でも、仕方ありません。

 

さすがに港まで歩こうという猛者も1人もいません。

 

4人は黙り込んでいました。

 

その時です。

あの漢(オトコ)が私にこう言ったのです。

 

「このままでは、納得がいかない。
まだ時間がありそうだから、もう一度だけ勝負してくる。」

 

私は彼の目を見ました。
まだ、目は死んでいません。

 

「カジノとは99%の偶然と1%の夢で練成されている。」
(マカオ格言集by民明書房より)

 

わたしはこの言葉を思い出しました。

そして、夢を追って下さい。」と彼を送り出したのです。

 
 さて、ここまでの勝ち負けをちょっと整理してみましょう。
 (4人の内の1人の方の収支です。)

 

 1,ベネチアンホテル⇒3万円負け
 2,ホテルグランドリスボア⇒2万円負け

 

 合計5万円の負け。←今ここ
 

 つまり、チョンキンマンションで両替した金額の
 約半分が消えた事になります。(^o^)丿

 

そろそろ、タクシーも私達の番になりそうになってきました。
さてと、どうしましょうか、と考えていた時に
彼が戻ってきました。

 

どう慰めようかと考えていたのですが
様子がちょっと違います。

 

妙に足取りが軽い!

 

もしかして・・・!

 
05

やりました!

 

見事、勝負(大小)に勝ったのです。

 

なんと、1000ドルを元手に
3回連続の勝利です。

 

1000⇒2000⇒4000⇒8000!!

 

つまり、5万円の負けからプラス3万円に復活したのです。

 

人間諦めたら負けなんだ。
最後まで頑張る事の大切さを学んだ気がしました。

 

そして、引き際の大切さも・・・。

 

本当に良かったです。

 

(奢ッテモラエルゾ)

 

これで心置きなく、香港へと戻る事が出来ます。

タクシーに乗った私たちはフェリー乗り場へと向かいました。
(ここからは早送りでお送りします。)

 

06

チケットを買って、
(帰りはダフ屋さんがいませんでしたから、正規料金です。)

 

07

 

長い通路を歩き、
(空港みたいに動く歩道です。)

 

08

 

ディズニーシーみたいな施設が向かいに見えました。

 

09

 

帰りのフェリーです。

 

10
11
12

 

なぜか帰りのフェリーでは到着直前に船酔いになってしまって
ほとんど撮影できませんでした。

 

13

フェリーの中では指定された”漢”座席に、
全く英語も通じず、何を言っても笑うだけのおばあさんが先に座っています。
せっかく取れた窓際だったのですが結局、”漢”は座れませんでした。
(でももし負けたままだったら、力ずくで放り出していたかも(笑))

 

どこの国でも一緒です。
ご老人は大切にしましょう。

 

なんていうハプニングもありましたが

無事にチムサーチョイに到着いたしました。

 

わずか1日の滞在なのに、
不思議ですね、香港がふるさとのように思えました。

 
次回は、その夜のお話しです。

 

更に番組は続きます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

HKといえば香港 その10<リスボアへの道>

P村から、おはこんばんちわ。

 

前回は、ベネチアンホテルで大損した2人が
負けを取り返すべく、グランドリスボアに向けて
歩き出したところで終っていました。

 

タクシーを使えば恐らく20分もかからないような位置だったのですが
観光も兼ねてぶらぶらと歩こうではないかという事になりました。

 

今回はほとんどストリートビューみたいな感じでお送りします。

 

まずはこんな感じの街を潜り抜けて行きます。

 

01

 

途中には果物屋さん

 

02

 

本屋さんというか雑誌屋さん

 

03

 

不思議な事に日本の雑誌のようなものも
大量に並んでました。
買ってくれば良かった。

 

そして焼き鳥屋さん??

 

04

 

この環境でこの剥き出し感は
潔癖症の方には「無理無理無理」っていうところでしょうか。
(特にGさんには絶対無理ですね。)

 

それからテイクアウトのお寿司屋さん。

 

05

 

看板には思いっきり日本語で「お寿司」、「営業中」と
書かれていました。

 

日本食ブームはここまで来ているのですね。

 

ところで

 

初日にいった香港のレトロ喫茶店の近所に日本風喫茶店がありました。
開店当初は大変な人気だったそうですが、
私たちが見たときは閑散としています。

 

3.11の原発事故の影響で
急に客入りが悪くなったのだそうです。

 

なんとも言いようがありません。

 

閑話休題。

 

路地を覗くとこんな景色が目の前にあります。

 

06

 

超高層マンションとこういう景色。
貧富の差の大きさが伺えます。

 

次は美容院。

 

07

 

あまり大きくは写しませんが
どこかで見た方の写真(左の方)が堂々と使われてます。
これは正規の使い方なんでしょうか?わかりません。

 

それからこれはおまけ。

 

08

 

この他にも、いろんなお店が露天で並んでいました。
港町らしく干物屋さんもたくさんありましたよ。

 

そして、どうでしょう30分程歩いたところで
ようやく目的のグランドリスボアが遠くに見えました。

 

09

 

ああいう超近代的なホテルがあるかと思えば
こういう景色もある。

 

10

 

本当に面白い街です。

 

そして、目的地に着く前
有名観光スポット、「セナド広場」到着です。

 

11

 

ここを中心に観光スポットが点在しています。

 

12

 

でも、ごめんなさい。
お買い物と休憩所としてだけ使わせていただきました。
(飲酒組み2人が休憩、非飲酒組み2人がお買い物)

 

13

 

チキンパイの人は一人残してきた家族へのお土産として
「I Love MACAU」Tシャツを買ってました。
色違いを2枚も。
見ると判りますが、このセンスには脱帽です。
たぶん、パジャマくらいにしか使えない?!

 

私は腕時計を衝動買いしてしまいました。
コピーじゃないです。安い本物ですよ。

 

さて、今度こそ目的地まであとちょっと。

 

14

 

本体も見えてきました。
近くで見るとやっぱりデカイ。

 

15

 

なんというか、中華っ!ていう感じですよね。
このキンキラな飾り方が!

 

16

 

そして、次回。
負け組みは勝ち組みになれるのでしょうか?
 ↑引っ張るなあー(w)

 

乞うご期待!
更に番組は続きます。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ

タグ