STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

HKといえば香港 その11<勝負!マカオグランドリスボア>

P村から、おはこんばんちわ。

 

と前回書きましたら

 

P村って何?と聞かれてしまいました。
もちろん、このPはペンギンのPであります。

 

で?

 

いやいやいや、ここまで書いても?な方はご自分でググってみてくださいね。

 

さて、
ベネチアンホテルでの負け分を取り戻す旅に出た
2人が一体どのような結末を迎えるのか?

 

これが今回のテーマであります。

 
負け組みがやってきたのがこちら。
グランドリスボアです。

 

01

 

こちらのホテルもベネチアン同様に
大きなカジノを擁しています。

 

まず、正面から意気揚揚と乗り込みますと
左右に巨大な宝石を従えた、
この胸像が迎えてくれます。

 

02

よく、説明文を読まなかったのですが
たぶん、創立者かホテルのえらい方でしょう。

 

たぶん。

 

ホテルの内部はやっぱりキンキラキンというやつです。

 

03

 

ここから先のカジノエリアは撮影禁止だと思われましたので
写真はございません。(あしからず)

 

こちらのカジノはベネチアンホテルよりも、
人の数が多くごちゃごちゃした印象でした。

 

見渡せばほぼ全体像がわかる(個人的感想です)ほどの広さです。
エアコンの効きも今一つ。

 

人を掻き分けるほどでもありませんが
私たちはカジノの中をゆらゆらと泳いでいました。

 

とりあえず、大小の負けは大小で取り戻せ」という
マカオ格言(マカオ格言集by民明書房より)のとおり、目指すは「大小」です。

 

到着した私たち(野次馬3人と真剣な人1人)は、
(ちなみに大負けしなかった方、今回は野次馬組です。)
まず、場の流れを観察しました。

 

 

こんな感じです。

 

大大大大大大大大大大


妙に大の続くテーブルです。

 

博打とは不思議なもので、野次馬が思う目が出るんですね。

 

私なんか、もし賭けていたら3回くらい連続で当てています。
(まあ、当っても何の意味もないんですけど・・・。)

 

しかし、そういう、後でごちゃごちゃ言ってるだけの
野次馬の意見を聞かないところが
この真剣な人の良いところです。

 

この方はちゃんと自分の信念を貫きましたよ。

 

見事に。

 

 

つまり、何が言いたいかと申しますと

 

 

負けが増えました・・・。

 

終了した時点で、マイナス2万円です。

 

でもね、

脇でごちゃごちゃ言うだけで一銭の投資もしていない私に比べれば
えらいと思いましたよ。

 

なんとか、カジノで勝って
みんなにご馳走してやるんだという気持ちが本当の原動力でしたからね。
(ここだけの話しですよ)

 

結果は散々だったとしても
身銭を切って戦った(オトコ)です。

 

健闘を称えようではありませんか!!
みなさん!
(って誰に言ってるんでしょう)

 

 

熱い暑い戦いが終って、私たち一行は香港へと戻る事になりました。

 

04

重苦しい雰囲気が漂う中、
長い行列でタクシーが来るのを私たちはひたすら待ちつづけました。

 

様子を見ていると1台来てから次の1台までの間が5分程あります。
自分たちの前にいる人数から想像すると、
1時間近く待たされる事になりそうです。

 

でも、仕方ありません。

 

さすがに港まで歩こうという猛者も1人もいません。

 

4人は黙り込んでいました。

 

その時です。

あの漢(オトコ)が私にこう言ったのです。

 

「このままでは、納得がいかない。
まだ時間がありそうだから、もう一度だけ勝負してくる。」

 

私は彼の目を見ました。
まだ、目は死んでいません。

 

「カジノとは99%の偶然と1%の夢で練成されている。」
(マカオ格言集by民明書房より)

 

わたしはこの言葉を思い出しました。

そして、夢を追って下さい。」と彼を送り出したのです。

 
 さて、ここまでの勝ち負けをちょっと整理してみましょう。
 (4人の内の1人の方の収支です。)

 

 1,ベネチアンホテル⇒3万円負け
 2,ホテルグランドリスボア⇒2万円負け

 

 合計5万円の負け。←今ここ
 

 つまり、チョンキンマンションで両替した金額の
 約半分が消えた事になります。(^o^)丿

 

そろそろ、タクシーも私達の番になりそうになってきました。
さてと、どうしましょうか、と考えていた時に
彼が戻ってきました。

 

どう慰めようかと考えていたのですが
様子がちょっと違います。

 

妙に足取りが軽い!

 

もしかして・・・!

 
05

やりました!

 

見事、勝負(大小)に勝ったのです。

 

なんと、1000ドルを元手に
3回連続の勝利です。

 

1000⇒2000⇒4000⇒8000!!

 

つまり、5万円の負けからプラス3万円に復活したのです。

 

人間諦めたら負けなんだ。
最後まで頑張る事の大切さを学んだ気がしました。

 

そして、引き際の大切さも・・・。

 

本当に良かったです。

 

(奢ッテモラエルゾ)

 

これで心置きなく、香港へと戻る事が出来ます。

タクシーに乗った私たちはフェリー乗り場へと向かいました。
(ここからは早送りでお送りします。)

 

06

チケットを買って、
(帰りはダフ屋さんがいませんでしたから、正規料金です。)

 

07

 

長い通路を歩き、
(空港みたいに動く歩道です。)

 

08

 

ディズニーシーみたいな施設が向かいに見えました。

 

09

 

帰りのフェリーです。

 

10
11
12

 

なぜか帰りのフェリーでは到着直前に船酔いになってしまって
ほとんど撮影できませんでした。

 

13

フェリーの中では指定された”漢”座席に、
全く英語も通じず、何を言っても笑うだけのおばあさんが先に座っています。
せっかく取れた窓際だったのですが結局、”漢”は座れませんでした。
(でももし負けたままだったら、力ずくで放り出していたかも(笑))

 

どこの国でも一緒です。
ご老人は大切にしましょう。

 

なんていうハプニングもありましたが

無事にチムサーチョイに到着いたしました。

 

わずか1日の滞在なのに、
不思議ですね、香港がふるさとのように思えました。

 
次回は、その夜のお話しです。

 

更に番組は続きます。

「HKといえば香港 その11<勝負!マカオグランドリスボア>」への4件のフィードバック

  1. ペンギン村、アラレちゃん世代としてはなつかしいですね。

    その夜のお話も楽しみにしています。

  2. すごいですね、最後は勝ちで終結するなんて!

    「継続は力なり」「信じるものはすくわれる」

    やはり信念を貫き通す事の需要性を痛感致しました。

    それにしても“偉い人”天晴れです…….

  3. M様 ありがとうございます。

    Sさんに聞いてもらえばわかりますが
    現地での私の眼鏡は、アラレちゃんをリスペクトしておりました。(笑)
    (半分はホントです。)

    その夜のお話しには動画をUPする予定です。
    めっちゃ上手な「街の歌姫」が見られますよ。

  4. 武○様、毎度ありがとうございます。

    そうなんですよ、勝つんですよ、あの逆境から。

    やっぱり何か持ってる人ですね。
    ○○さんは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ