STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

ラボレポ2

黒い部屋を抜けると、
次は目が痛くなるほどに明るい光と鏡の空間。

四方を鏡で覆われた空間に、
LEDが入ったシャラシャラとした紐が天井から無数に垂れている。

言葉にすると難しい…

これです。

音と光で雰囲気を変えていくので、
いわゆる ”映え” な写真がたくさん撮れるのです。

あまりに恥ずかしくて
そんな調子乗った写真お見せできないですが。

その次の部屋は
色鮮やかな光を放つふわふわボール(特大)
が縦横無尽に飛び交う空間。

字面だけみるとカオス。

やっぱね、
人がたくさんいるものだから
写真もうまく撮れやしない。(笑)

精一杯がこれ。

次が驚きました。

ここでわかる、
膝まで濡れる
という意味。

これはwww

足湯wwwww

あったかいぞww

白濁色のお湯に
天井から投影された映像がうつります。

とか、とか。

部屋のゴールは、向こう岸なので、
お湯の中をジャバジャバと突っ切らなければたどり着かない。

なので水面もとても揺れる。

そんな中撮影もうまくできるはずがなく。

結果これ。

でもきっと見るだけじゃなくて、
温度とか音とか、五感で感じるアートってところが
大切なんでしょうね。
うまく写真が撮れる撮れないじゃなくて。

最後の部屋はプラネタリウムのような半球の部屋に
花びらが舞う空間でした。
まっくらな部屋に、思い思いに寝転がって見上げるという。

もう写真はいわずもがな、

なにがなんだか。

これでゴールです。

言った気分になっていただけたなら
これ幸い。

では!!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

台風による臨時休業のお知らせ(10月12日)

【10月12日(土)につきまして】


台風19号による影響のため、
三河日産自動車 全店臨時休業を頂きます。

明日からは通常営業となります。
お客様ならびにお取引先様にはご不便をおかけしますが、
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

TeamLabo


早いものでもう10月。

増税になったけど、
あんまり実感わかないし
普段からキャッシュレスだとお金を使ってる感覚も
薄れてきますよね。

(時限爆弾として来月に思い知るトラップカードなんですがね)

さて、
今回の話題はタイトルにもあるとおり。

ご存知の方も多いでしょうか?

Team Labo in tokyo

(クリックしてみてください。みるとよくわかる)

デジタルアートを様々な媒体で表現する団体です。

結論からいうと…

『すごく楽しかった』

あっという間に2時間すぎてしまいました。

ただ、プロジェクションマッピングをみるだけかなあと
思いきや、入場口で足並みを止められ…

「ここで荷物を預けて素足になっていただきます。」

いったい何をさせられるんだろうとドキドキ。
その時のアナウンスで、
「膝まで濡れますので、ご希望の方にはハーフパンツを貸し出してます」
というから更にドキドキ。
膝まで濡れるって…何が起きるの…


足元に淡い光が灯るのみの
上り坂を裸足で歩きます。
少し柔らかいクッションみたいな生地。


水!!!!!!!!

水が流れている。
これか、裸足の意味は。

足の甲がつかるくらいの水が
上の滝から流れ注いでいる。

この時点で語彙が
「やばい!yば、やばい!!」
だけになる。

タオルを渡され、足を拭き、
また暗く長い廊下を歩きます。

この廊下も、
硬い材質沈むような生地カーペットみたいな生地
と数歩ごとに足裏から伝わる感触が異なり、
もう廊下さえおもしろい。

視界が開けた先に広がったのは、
壁や天井が真っ黒で、
床は人が大の字になってちょうどいいくらいのビーズクッションが
隙間なく敷き詰められている空間。

その時思ったのは

『ここは寝室?』

ただそのひとつだけ。
人をダメにするクッション(○印良○)がこんなに詰まってるなんて。
ちなみに壁もビーズではないけどやわらかい。

ここで起きてしまう現象が、
『恋人たちが壁沿いに座って動かない現象』
です。



ブレッブレ

足元不安定極まりない中撮ると
とんでもないことに。

でもこれで伝わったでしょうかね?
クッションと人が敷き詰められている状況。

女4人でしっかり壁にもたれかかって写真は撮りました。
でもこの施設、フラッシュ禁止なんですよ。
なんで、画像も汚くてしょうがない。

ちなみにここはブラックホールを表現しているそうです。
たしかに、
とても歩きづらく、黒い空間はさながらブラックホール。

ここまで記述したとおり、
ただ映像空間があるわけではなく、
触って感じて空間に沈みこめるような
体験型の施設なんですよ。

まだまだ、ブースは続きます。
また次回に!!!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

豊洲 進出

たいっっっっっっっっへんお久しぶりです…

あやうく消えかけていた…

みていらっしゃる方、
申し訳ございませんでした…

気を取り直して!

先日、東京の端にある豊洲へ行ってまいりました。
そこから下道15分ほどで夢と魔法の王国へつくくらいの場所。

(まあつまり、王国へ行く前に立ち寄った話

言わずもがな、
築地からお引越しをした豊洲市場があるところ。
果たして、どんなところなんだろうと
何の情報もなしに場所だけカーナビにいれて出発。

リーフで向かいましたので、
道中余裕をもって3回充電して5時間で到着。

ついてみると…

あれ…?

ここは工業地帯ですか…?

よくある「大漁!」とか「魚屋」の
にぎやかな看板はどこにある…?

まず場所あってる…?

と迷うほど、
パッと見同じグレーの四角い建物が並んでいるのです。

管理棟、水産棟などと、
建物に文字は書いてあるものの、
いったいどこで
お食事」ができるのかと。

公共交通機関でくることを第一としているためか、
専用の駐車場はなく、
お食事処での優待券等もありません。

よって、近くのコインパーキングにとめたはいいものの、
どこまで歩けばいいのかわからなかったのです。

文明の機器を使い、
駅から直結の水産棟へ行けばいいということが判明。

その場所についたのが、
14時前。

どの店も長蛇の列。
きっと、どの店もおいしいんだろうなと
嬉々として物色。

しかし、
列最後尾の人が持つカードに

「CLOSE」
の文字が。

まさかの打ち切り…

握りメインのお店はまだやっていたのですが、
どんぶりのお店は列が長いため打ち切りのところが
多く…。

しかし、回転がいいのか
はいってすぐのところでまだ
並べるところが!

そちらで食したのが、
こちら。


マグロ4種盛り

そして、他3人が食べていたのが、

ブリと海鮮?丼

(あやふや)

このためにおなかを空かせて
本当によかった。

めっちゃうまかったぁ…

舌の温度でマグロがとけるんやもんな…

調べると、
水産棟がもうひとつあるみたいで、
そちらもお店があるみたい。

次はもっと開拓したいですね。

では!!!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

秋雨前線

夏はおわったんでしょうか。

ニュースでこいつがいるせいで雨が続きますって。

ちょうど1ヶ月前に梅雨がいなくなったというのに。

低気圧のせいで頭が重い。

もう8月も後半ですが、
皆様よいお盆休みを過ごされましたでしょうか?
私と同じで「お盆休みなどない!」という人も多かったことでしょう。
そんなあなたとハイタッチ。

ただ、今回たった3日ですがお休みをいただけました。
どこにいくわけでもなく、親戚で集まってお墓参りをしただけ・・・

なので、
今回は夏おでかけできたお話を少ししたいと思います。

神戸!

友人とライブに行きまして。
その前に何を食べようか?肉?やっぱ肉かな?

と話した結果。

アフタヌーンティーをしてきました。

(なんで)


上から、スイーツ


2段目はスコーン


下は、サンドイッチ

こちらのお店、
三宮駅から徒歩でいけるラクシュミーというお店。
紅茶の販売とティールームが併設しているので、
茶葉やお茶菓子を買うだけでもOK。

そして、アフタヌーンティーセットは
さまざまな紅茶がおかわり自由!

まずは、
サンドイッチに合いそうな
甘めの紅茶からいただきます。


極上はちみつ紅茶

オリジナルブレンド紅茶で、
ほわっと香るのははちみつだけど飲むと紅茶の少しの渋みも感じられるお茶。
ここへ来るのは2度目なんですが、この紅茶はリピートしてしまいます。

次はスコーンとクロテッドクリームに合う
さっぱりとしたものを。


ニルギリ

ダージリンに似てる味です。

紅茶独特のコクは薄めなので、
あまり紅茶が得意じゃない人にもオススメ。

スコーンは水分をもってかれるので、
ごくごくと飲めるような紅茶が合うような気がします。

ちなみにここは
2人から予約ができて(予約必須)、
ポットで出てくる紅茶を飲みきってから次が頼めます。
1人2杯のんだらなくなるくらいの量が入ってます。
つまり、この時点で紅茶4杯飲んでます。

フードファイトは続きます。
(趣旨がかわっていく)

一番上のプチフールのお供は、
せっかくだから飲んだことのない紅茶を。
ということで…


キームン

中国の祁門(キームン)という地域で作られる
世界三大紅茶のひとつです。
いぶしたような香りが独特で、好みがわかれるかと。
私は少し苦手に思ったので、オススメであったミルクティーにしました。

いつも飲むのはダージリンなので、
こういう地域のお茶を好きなだけ楽しめるのはいいですね。

2時間制で
30分前には最後の1杯を選ばせてくれます。

しかし、この時点で6杯飲むとさすがにきつくなってくる…

なので、
最後は香り高いもの嗜む程度で。

ピーチ+ローズ+ハイビスカスのブレンドティー。
すこしすっぱい。

味はもちろんおいしいのですが、
ここまできて気になるのはカップとソーサーのかわいさ。

まるで絵が繋がっているんじゃないかと
思うほど美しいデザイン。


その紅茶にあったカップを選んで淹れてくれるのも
女子心をくすぐりますね。

今まで紹介したものも、絵が繋がっているようにみえますよ。

友人とおしゃべりしながら、
午後をゆっくり過ごすのはとても楽しいですね。

神戸はよく行くので、
観光ということもせずこうなってしまうことが多いですが、
時間の過ごし方をかえることで新鮮に思えます。

もしオススメのお店(次は肉がいい)があれば
おしえてください(^^)

では!!!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ