STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

宮古の海

大樹寺店ミッチェルです!

今年ももう12月ですね、、

結局年始のおみくじの内容は当たらず(行いが悪いのか)

2020年ー目前。

何事もなく2019年が終わることを願います。

さて、沖縄に何度も行っているのに

島に行ったことがない私

いよいよ初島!

宮古島

へ行ってきました!

今回はANAで愛知→沖縄、沖縄→宮古島

というこれまた初乗り継ぎ!

沖縄まで行って1時間ほどの待ち時間

スタバ行こうとしたら横にジェラート屋さんを発見。

盛り方が美しくないですか。

朝からジェラート。

沖縄マンゴーとラフランス、ブラッドオレンジをチョイス。

さっぱりしたものばっかり選んでしまうんですよね。

フランス生まれのジェラート屋さんでした。

とってもおしかったのでまた沖縄行くとき食べよう。

沖縄から40分かけ宮古島へ!

曇っているけどこの透明度!

レンタカーを借りて↑の池間島へ

宮古島と大橋をかけて島が結構ある。

インスタ映えを狙ったものの不発。

海を楽しみ、池間に入ったすぐの道の駅に立ち寄り。

紅いももち

ごま団子のような味。

紅芋感はそんなに感じなかったけれどおいしかった!

ちょうど揚げたてでもっちり。

でも沖縄で食べる紅芋もちとちょっと違うらしい(母曰く)

ここの店員さんに観光できるところがあるか聞いたら

「特にないね、海だけ」

と言われ(笑)

いたしかたないので次の目的地へ

途中で宮古牛に出会う。

可愛い。

帰り際母が「あれが食べられちゃうんだもんね~」

と言ってきた…

宮古牛食べづらくなるやん。。。

行きたかった

雪塩ミュージアム

ミュージアムといえどこぢんまりしていて

レストランからちょっと中が見える程度だった。

ここでの私のお目当て

雪塩ソフト

(またアイス)

お昼を食べ損ねていたので雪塩パンも。

もともとの塩アイスに好みの塩をかけて食べるという斬新なスタイル。

抹茶塩、ココア塩、ハイビスカスの塩、ダイナマイト塩etc…

私はゆず塩とハイビスカス、抹茶をかけて食べました。

が、結果やっぱりオーソドックスが一番おいしい←

ちなみにここのランキング1位にはココア塩と書いてありました。

もし行かれるかたいたら食べてみてください♪

宮古島、観光というよりゆっくりすることがメインになる。

夕方近くになっていたのでとりあえずホテルに向かって走り出すと

宮古馬を発見。

希少な天然記念物になっている馬です。

https://hbol.jp/183803

↑のサイトに宮古馬の現状が伝えられていますが、

私もこの荷川取牧場に行って、

虐待や保存をする大変さを知りました。

宮古馬についてまったく知識がなかったのですが、

これを機に私も何かできることがないか考えたいと思います。

初めて見た宮古馬

毛並みもすっごく綺麗で顔もすごく可愛い。

また宮古馬に会いたいな。

ホテルへチェックインしてビーチへ!

沖縄も綺麗だと思ったけどここはもっと綺麗でした!

サンセット

即座に服を濡らす。

この海だったら入りたかったな~!

晩御飯は沖縄料理♪

グルクン(タカサゴ)がたくさん出た。

グルクンのたたきに初挑戦。

特に生臭さもなく味もそんなにしない。

白身だからかな??

しかしこのグルクン、めっちゃ七色なんですよ。

熱帯魚みたいな綺麗さ(笑)

でもおいしいんですよね~

上の小鉢はてびちとミミガー。

ミミガーも初めて食べた。

きくらげみたいでコリコリしてておいしいですね!!

グルクンの餡かけとラフテー。

じゅーしぃ(沖縄の炊き込みご飯)とお吸い物でした。

沖縄では豚の蹄以外は全部食材になるとか。

命を余すことなく使うってすごい文化。

結果それだけでは足りず、宮古牛と宮古豚のせいろ蒸しを注文。

私は宮古豚の甘さが好きだけど、牛のがさっぱりしていたかも。

って朝みた宮古牛を思い出しました・・・

そして今回からいよいよフライトログを開始!

どの飛行機に乗ってそのときの天候なんかを記載しておける便利品!

乗務員さんによって色も違うのでいい思い出になる。

まだ50ページくらいあるのでこれから楽しみです。

宮古は24度もあって夏でした。

ハイビスカスも咲いちゃってた・・・気温差。

※絶対やりたくなる。観光客の心を掴むよね~

写真クリック※

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

感謝祭です。

昨日より、三河日産 秋のおもてなしフェア実施中!

11月2日(土)~11月10日(日)まで

サイコロチャレンジ!

出た目の数だけお好きな景品プレゼント

お子様はハイテクマスターになれるチャンス!

日産のつなぎを着て記念撮影していただけます♪

本日3日と4日限定です!

私もハイテクマスターになろうかな・・・←

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

淡路島 最終

気づいたらもう10月ですね。

大樹寺店ミッチェルです。

1年が早すぎやしないか。

さて淡路島最終!

夜入っても朝もお風呂に入りたくなる私←

朝から露天風呂にもう一度入って朝ごはんを食べてしていたら・・・

今日の予定に間に合わないかも!

という緊急事態に陥りそうになり、

急いで目的地へ。

鳴門海峡大橋

超絶雨やん・・・

と思いながら徳島入り!

目的は・・・

鳴門で有名なアレを見るため、観潮船に乗る。

鳴門海峡の下に到着

8月だけど雨と潮風とで半袖寒い!!

くる~っと回ると・・・

うずしお!

(うずしお写真に撮るの難しい)

まともに撮れたうずしお

写真のあたりにうずしおがたくさん発生していて

大きい船なのにめちゃめちゃ揺れる!

というか半分飲み込まれるような感覚。

うずしおにも感動して速さ揺れで子供みたく楽しんでしまいました。

私たちは事前予約せずに行ったのでわんだーなると

という大型観潮船に乗ったんですが、

もうひとつ事前予約すると

水中展望室のある小型観潮船アクアエディという船があるんですが、

そちらの船のほうがうずしおの速さを

ダイレクトに体感できる船だそうな。

さらに大潮の日はうずしおも大きいそうなので

次はぜひ大潮の日にアクアエディに乗りたい。

うずしおのベストタイムがホームページに載っているので

確認してから行くことをお勧めします。

そして鳴門を出て

道の駅うずしおへ

鳴門海峡大橋の側にあるんですが、すごい人だった。

ここで珍しい玉ねぎやお土産がたくさん買えるので

人気なのがよくわかる。

伍代夏子の鳴門海峡の歌詞が。

うーん、なんとも切ない歌詞。

冬に来たらもっと歌詞が入ってきそう・・・

大阪にいる友達からここに玉ねぎソフトがある

と聞いてそれは食べねば!

こまかーくツブツブが見えてこれがきっと玉ねぎだ

と食べてみる。

ネットの口コミにコンポタって書いている人がいたけど・・・

コンソメスープの間違いかな??

普通においしい。

物珍しくて食べてみたいっていう感じのソフトクリームだった。

藻塩ソフトには敵わんな←

お昼に淡路島バーガーを食べようと思っていたのですが、

雨が降ってきたのとすごーく並んでいたし、

まだお腹空いてない(当然)

というところから次の目的地へ

福良の道の駅

ここにも玉ねぎの産直があって玉ねぎを求めてやってきた。

ちなみにここからも渦潮観潮船が出ています。

玉ねぎを見ながらうろうろしていると

しらすソフト

を発見(またアイス)

怖いもの見たさというものだろうか・・・

味が未知の世界。

友達が塩アイスがあるくらいだから

合わないことないね

って言ってたのがごもっとも。

だけど口の中でアイスが先に溶けてしらすが残る・・・

値段のわりに気前よく途中にもしらすがモリモリ。

ある意味贅沢。

そしておのころ島神社へ

民家の中に大きな鳥居が!

私もちっちゃくみえるぜ~!!←

ここは国生みの聖地で縁結びの神社。

イザナギとイザナギノミコトが

天から海をかきまわしていたら

かき混ぜていた矛についた潮がおのずと凝り固まって島ができた

ということらしい。

前日の伊弉諾神宮が日本発祥の地ではないということかな??

とにかく日本が始めて作られたのは淡路島ということなんですね。

紅白の縄を持って良縁をお願いすると願いが叶うといわれている

セキレイ石

この神社が建っているところが日本の始まりではないかと

言われているそうで

それを思うと感慨深くなりました。

そろそろお腹が空いてきたと

淡路島バーガーを食べられるところを検索

古びた工場跡のようなところに案内された・・・

看板が出てるから大丈夫だよねと恐る恐る入ってみる

工場だったところをカフェに変えたようですが

店内めちゃくちゃおしゃれ。

念願の淡路島バーガー

ボリュームがスゴイ。

卵と淡路島玉ねぎ、チーズ、淡路牛のハンバーグ、スライスオニオン、レタス

さすがに口に入らないのでナイフとフォークを駆使。

焼き玉ねぎとスライスオニオンが同時に食べられる幸せ。

玉ねぎの甘みと淡路牛にも甘みがあって

濃いめのソースが最高においしい。

これだけボリュームがあると満腹になる。

そろそろ帰る時間だからと前日の朝に寄ったサービスエリアに立ち寄って岐路へ。

20時くらいに到着したんですが、

淡路島バーガーのボリュームで晩御飯食べずに済んだ・・・

また違うところの淡路島バーガーも食べたいな←

こんな感じで食べてばかりの2日間でしたが、

おいしいものに囲まれて幸せでした。

10月はどこに行くのかな。

インスタ映えのはずがこの貫禄。

そしてサイズの合わない顔パネル。

※画像クリック※

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

淡路島Ⅱ

前回のブログにタイトルを付け忘れてしまった…

大樹寺店ミッチェルです。

作家の人は作品を作った最後にタイトルをつけるって

昔聞いたことがある気がしたので最後にしたら

タイトル付け忘れる←

さて淡路島の続き↓

ONOKOROを出て

伊弉諾神宮へ

淡路島は古事記に出てくる日本最古の島と言われているそうで

この神社は最古の神社だそう。

池もあって鯉がいっぱい泳いでました。

鯉に餌をあげる人の姿もちらほら。

狸の像があったので何かと思った。

夜中に見回りをして鍵をかけていない家を鍵かけて回った

とっても良い狸だった。

ホテルに行く前にもう1箇所

厳島神社

広島の厳島神社と祭られている方は同じだそうな。

弁天さんとも呼ばれているらしい。

行くまで知らなかったんですが、淡路島は七福神の神様のいる

神社があって七福神めぐりができるという。

友達が七福神めぐりしに行く!って行かないと回れないと思う。

と言っていたので次回は一人で七福神めぐりしよう。

この日は洲本温泉に宿泊予定だったんですが、

こんなに予定詰めたのにまだちょっと時間がある。

となって近くにあった

洲本城へ

山の中にあって

石垣がいっぱい。

そして結構な斜面を歩いていかなければならない・・・

天守閣に到着

ここは昭和天皇が即位されたときに模擬天守として鉄筋コンクリートで作られたものらしい。

江戸時代の天守閣を再現したわけではないけど

これも模擬天守としては最古のものだとか。

やっぱり淡路島は日本最古の島ということなのだろうか。

天守閣には入れないようにしてありました。

ちゃんと中は見えるようにしてある。

身体にムチ打って登って来た甲斐あった。

絶景!

洲本八景の1つなんだ。

カップルが多かったのでデートスポットとしても有名なのかな?

この綺麗さだったらロマンティック(←)だよね。

夜来るのは怖いけど・・・

そして友達が取ってくれたホテルへ。

ホテルニュー淡路

(最近CM見ないな…)

の系列のホテルでした。

夕飯までに時間があったのでお風呂で汗を流してから晩御飯へ!

ホテルの予約段階で鍋を淡路牛のしゃぶしゃぶか旬魚の一人鍋にするかを

選んでいたのに

ここにきてまた焼き物と油物を選んでくださいと・・・

そんなに選べてこの値段でええんか。

というくらい手厚い・・・

友達が頼んだ淡路ビール

パッケージがおしゃれ。

前菜が終わって

お造り

昼になんとなく生ものが食べれたので再チャレンジ。

マグロはどうしても好きになれないんですが、

どうやら白身(淡白)なのはいけるらしい。

鮑なんてコリコリで超絶おいしい!

さすが瀬戸内海付近・・・

揉まれてますな←

選べる焼き物は淡路牛に。

甘みがあって当然おいしい・・・

油物は

ホテルマンさんに鱧は天ぷらが一番おいしいと聞いたので。

初めて食べる鱧!

そしてどはまりした藻塩でいただく。

鱧、とっっても感動しました。

フワフワ、小骨もしっかり取られていておいしい!

鱧の時期にいけてよかった・・・。

最後は淡路牛のしゃぶしゃぶで〆る。

贅沢な晩御飯・・・

この私ですらここで満腹感が否めない。(ホント)

このあとご飯とお味噌汁が出てきて

デザートはバイキングです。お好きなものをお好きなだけ!

といわれたけど・・・容量オーバーでした。

この後また温泉に行くはずだったけど部屋でしばらく動けなかった・・・

食べて横になってたらただのブ・・・・・

幸せな1日目終了です。(食べてばっかやんけ)

そして次の日は淡路島に行ったらアレを見なきゃのアレ!です!

つづく。

洲本城で鷹とほぼ同じ目線にいた写真。

鷹をこんな近くで見ることってあるんだ・・・

※この時代に私がいたら絶好の餌だろう。※

写真クリック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

幼稚園のころ食べていたゼリー・・・。

大樹寺ミッチェルです。

みなさん肝油ドロップってご存知でしょうか?

小さいゼリーの塊なんですが、

幼稚園で帰りの会のあと1日1粒、食べさせてもらっていた

懐かしのゼリー。

未だにおいしかった思い出があったんですが、

ずっと名前がわからなくてもやってたんですが。

先日インスタで見つけてやっと名前がわかりました。

肝油ドロップ

ビタミンA-Dが取れるという優れもの。

しかしいざ名前がわかるとなんか・・・

って気持ちになりました。

さてさて、今回はどこに行って来たんじゃい

ということで
↓コチラ↓


淡路島

に行って来ました!

行った人みんながよかったという淡路島。

明石海峡大橋を渡った一番大きなサービスエリアに立ち寄り。

ここに藻塩ソフトというおいしいソフトクリームがあると聞いていたので・・・

藻塩という明石の塩ベースのソフトにあんこという

これは好きなやつです。

口当たりさっぱりしていてあんこも甘すぎずよく合う!

ここから私は藻塩の虜となるのです・・・

到着をお昼になるように行っていたので

とりあえず腹ごしらえ←

友達が生しらすが食べたいんだよね~と

言っていたので海鮮丼のお店を探す。

ミッチェル生モノだめやん

となった方、さすがです。(いつも熟読ありがとうございます)

そう、私生モノを苦手としているのに

まぁ何かしら食べられるでしょ★

と海鮮以外もあると信じてお店へ。

結論:生モノばかり

とりあえず海鮮丼を頼んで食べられないものは友人が食べてくれるというので

海鮮丼を注文

サーモン(食べられる)

いくら(大好き)

生しらす(たぶんいける)

はまち(未開拓)

という果敢な挑戦でしたが、おいしすぎて完食!

鮮度がいいからなのか、生臭くない。

しらすは甘くてすごくおいしかった!!

生しらすはその日の条件では食べられないらしかったので

ラッキーな日でした!

満腹になったところで

最初の目的地、淡路にある唯一のテーマパーク


ONOKORO

愛知でいうラグーナのようなところです。

入り口にでてくるスフィンクスもどき。

シュールな雑さ。

イケてる恐竜と2ショット

OLのランチタイム
~彼氏との悩みを聞くミッチェル~

OLのランチタイム2

~アドバイスをするミッチェル~

テーマパークなのにテーマはバラバラ。

私が楽しみにしていたのは・・・


世界の名所のミニチュア!

これ、別に私が大きいだけなわけじゃないですからね?

縮尺25分の1スケールなんだとか。

凱旋門割と大きい!

こちらは万里の長城

ミニチュアピーポーもたくさん

顔なしおる・・・

これはなんのお城なのかわからなかったけど

奥のエメラルドブルーに対して手前が波を表現しているのかな?

というプラスの考えがよぎるスポット

ピサの斜塔

顔終わってる・・・

全然支えてる感ないし・・・

ミニチュアエリアを出ると

なぜか童話スポットへ

ジャックと豆の木

スケール大きい・・・

ほかにも赤ずきんちゃん、ヘンゼルとグレーテルなど

昔読んだことのある童話スポットを歩いていくと・・・

なぜか西遊記

沙悟浄の色合いってそれで合ってる???

最後にシンデレラになれる場所発見!

白馬の王子様は迎えに来てくれるかな・・・

ここで2時間くらい時間を費やして次の場所に向かいます。

1日目濃厚すぎるので続きは次回。

早速藻塩にハマりだす。

友達にレスカと言ったら

は??

って言われた私は20代後半です。

ピッタリはまった顔はめ。

そしてまぶしすぎて指がうまいこと入るこの一枚。
※写真クリック※

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ