STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

HKといえば香港 その15<市内めぐり>

皆さんこんにちわ。
お忘れかも知れませんが
香港の時間の時間がやってまいりました。

 

今回は3日目のメインイベント。
モンコック電脳中心と女人街を巡ります。

 

昼食の飲茶を終えた後
再びMTRに乗りましてモンコックへと繰り出しました。

 

 00

 

いやー、都会。
どこをみても都会。

 

秋葉原には何度も行っていますが
あそことは次元の違う猥雑さがあります。
夏の暑さとあいまって独特の雰囲気です。

 

01

 

最初に向かったのは
私の目的地電脳中心ビルです。

 

02

 

ここは秋葉原というよりも
大須のアメ横ビルに近いですね。

 

中に入ると日本製のゲーム機やPCパーツを
詰め込めるだけ詰め込んだ小さなお店がたくさんあります。

 

もちろん私としてはこれほどwktkな場所はありません。
疲れも吹き飛ぶ勢いでビルの中をぐるぐると回らせていただきました。

 

ただ、価格について言うと

有名どころのパーツはあまり日本と変わりませんでしたね。

PCパーツの品揃えも大差ないようにみえました。
(個人的な感想です。あくまでも)

 

 

03

 

ちなみに、その他3名の皆さんはと言いますと。
気が付くと既にその姿はなく、いち早く女人街方面へと移動しておりました。

 

まあ、なんと言うことでしょう。

 

それでも私の旅の目的の一つは
ここで中華パッドを手に入れる事でしたので
夢中でMさんを引きずりまわしておりました。

 

ほんと申し訳なかったです。ありがとうございました。

 

さて、やっと、ビル内の雰囲気をつかんだところで
中華パッドを10種類ほど展示しているお店を見つけました。

 

5インチくらいから10インチくらいまでの中華パッドが並んでいます。

さんざんあーでもないこーでもないと悩んだ末に手に入れたのがこちら。

 

031

 

これはHAIPADと言います。
13000円くらいで手に入れました。

 

iPadではありませんよ。

 

※写真のロゴはAPDとなっていますが
※使っている内に文字が剥がれてしまいました。

 

液晶は7インチ。
microSDカードスロットは32GBまで対応しています。
タッチパネルは静電容量式ですからiPadと一応一緒。
但し、同時に2点しか認識しません。

 

アンドロイドマーケットにも対応していました。
物によっては対応していないものもありますので
ラッキーだったかもしれません。

 

なぜか、自分向きのカメラだけあります。スカイプでもやらせるのでしょうか。

デジカメ的にはとても使えません。(カメラの位置も、画素数も)

 

HDMIをもっていますからケーブルでテレビにつなぐ事もできます。
(アダプターを買ってつないではみたのですが、残念ながら接触不良でまともに映りませんでした・・・。)

 

OSはもちろんアンドロイド。バージョンは2.1でした。

 

3Gには未対応ですが、WIFIで使いますので
ノープロブレムです。

 

あれから3ヶ月使ってみましたが
ちょっと強く持つとペコペコいう筐体のチープさが気になる以外、結構遊べました。
IOSにはない自由さがお気に入りです。

 

アンドロイドっていいですね。意外と。


ところで、中華パッドとは何かご存知でしょうか。

 

簡単にいいますと中国(台湾ではありません)で作っているiPadのようなものです。
価格は本家の5分の1くらいからあります。

 

本家は持っているのですが、
1,2万で買えるなら1つ位アンドロイドで遊んでみたいと思っていましたので
この価格で入手できれば大満足です。

 

(ただ、その後、あまりのチープさに嫌気がさしてしまい
 ギャラクシータブやICONIAタブを入手してしまうのは想定外でしたが)

今なら、秋葉や大須に行けば同じような性能の中華パッドが
ほとんど同じ値段で買えますので
アンドロイド”も”使ってみたいなと思う方は
挑戦してみてはいかがでしょう。

 

あれ。

 

何のブログでしたっけ?

 

そうそう、香港旅行記でしたね。

 

閑話休題。

 

今旅行中、最大の目的を果たした私は
また、皆様と合流する事が出来ました。

 

最初に入ったのはお土産用に人気の化粧品店です。

 

05

 

なんか、一流メーカーの試供品みたいなサイズを格安で売ってました。
何者かは忘れましたが変な顔だったのでこれも載せます。

 

06

 

いやー、中華パッドコーナーとは文章の気合が違いますね。

 

それはおいといて。

 

次は日本でも秋葉で最初に進出してきたはずの
カキ氷屋さんにはいりました。

 

07

 

めちゃくちゃ氷が細かくて美味しいのです。
が、しかし。

 

09

 

トッピングの選択を間違えてしまい
トータルはいまいちの印象になってしまいました。

 

08
なんで漢方薬臭い寒天のビーズを選んでしまったのでしょう。

 

ほんと、残念です。

 

素直に、フルーツ系のトッピングにしとけばよかった。

 

そして、お待ちかね。

女人街です。

 

10

 

せまい路地に、これでもかと積上げられた商品の数々。

何かしら欲しいものが見つかってしまいます。

 

11

 

「なんだろうこれは。」小さな龍の置物を見ていると。
すかさず声が掛かりました。

 

12

 

「180ドルよ、安いね、安いね」
うそー。この5センチほどしかない龍の陶器が1800円?

 

高いからもういいよと立ち去ろうとすると
どんどん値段が下がります。

 

13

最初は140、次は100。

 

自分としては50ドルくらいにしたかったので試しにそう言ってみると

 

「むりむり80ドルよ」

 

「じゃ要らない」

 

14

 

 さすがに無理かなと思っていると
いきなり、商品を袋に詰めだします。

 

そして、「もういいよ50ドルね」と囁きつつ龍を渡されました。

 

15

 

結局、最初の値段はなんだったんでしょう(w)

 

16

 

結論。

女人街では絶対に値切らないと損です。

 

 

ただ、他にもIPHONE用のケース(ワンピース)を
値切って300円位で買ったんですがどう見てもパチモンでした。
娘に使わせていますが、いまいちフィットしていません。

 

まあ、しょうがないですね。
ここは、値切るコミュニケーションを楽しむ場所なんですよ。
(えらい人は値切りすぎてバカヤロウって言われたそうですが(w))

 

パチモンを掴まされるのも楽しみの一つだと思いましょう。(w)

 

このあとは現代香港の世界に戻ります。

 

17

 

H&Mに行ったり
その中のスーパーを覗いたり。

 

18

 

この建物の名物。
巨大なエスカレーターに乗ったり。

 

ただ乗って降りただけです。

 

19

 

私、高所恐怖症でしたので
大変楽しませていただきました。

 

20

 

すごいっすよ。
香港は。
この辺を短い動画にまとめましたので
最後にご覧下さい。

 

 

 

 

さて、次は香港夜のバスツアーと最後の晩餐の予定です。

 

いつになるかは解りませんが・・・。

 

更に番組は続きます。

「HKといえば香港 その15<市内めぐり>」への2件のフィードバック

  1. 女人街、女人街、女人街……..

    言葉だけ見てそっち方面を想像してしまいました。

    馬鹿ですね…..

    なんかトリ〇バーチのパチもんのバックが映ってますね!

    私も以前、韓国でGショックのパチもん、「Dショック」を
    購入しました。

    水圧は200MまでOKとの話でしたが、海に入った瞬間
    ズブズブと浸水。

    “Dショック”(でらショック)でした……

    ネタじゃないですよ!

    では最後の晩餐、楽しみにしております。

  2. 男人街というところはまんま、アダルティな所だそうですが。

    武○さんにはそっちがお似合いでしょうか。

    それにしても、○○の××が絶好調ですよ。
    ▲▲の××が予定を下回ってます・・・。
    ▲▲の方が◆◆的にはいいはずなんですがねえ。

    ほんと、ままなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ