STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

みちのく旅行記②

 

ところで何故鶴岡なのか。

ここ鶴岡市には山形が誇る、クラゲで有名な日本一の水族館があるのです。

 

わたしクラゲが好きなんですが、

数年前それを知り、

行ってみたいけれど山形じゃたぶん行くことはないな・・・

と思ったのを覚えています。

そのためこの機会に多少無理しても海側まで移動するプランにしたのです。

海岸線をひた走ると件の水族館がみえてきました。

尚、クラゲ以外にも多少の展示物あり。

 

ヒトデ。

ヒトデって思ってたよりすばやいんだなと。

海外では英語名の『スターフィッシュ』を始め星にちなんだ名前をつけられていることが多いそうですが、

これはそんなロマンチックな呼び名より和名の『人手』のほうがしっくりくる。

かわいいっていうより動きが怖いんだよ

 

 

平日ですが団体のお客さんやらカップルやらでまあまあ賑わっていました。

 

どうでもいいけどなんで水族館てデートコースに選ばれやすいんだろう。

(あんまり盛り上がらないような気が・・・)

※ほどよい暗さと雰囲気が、距離を縮めるのによいそうです

なるほどね~

 

初めて多くのクラゲをじっくり見たのですが、

ほんとにいろんな種類がある。

 

円形のまさに月のようなかたちのもの、

エチゼンクラゲ。

名前は聞いたことある。

クラゲのイメージどおりのかたち

 

 

逆にこちらはくらげっぽくない。

シンカイウリクラゲ

 

クラゲって言われなかったらわからないであろう俵型。

 

 

まるで電気が走っているかようにキラキラ光るもの

シロクラゲ

とても小さく親指の爪くらいのサイズ。

 

 

人の頭くらいありそうな巨大なもの。

プロカミアジュエリー

50cmくらいにもなるそうです。

 

 

 

触手がまるで煙のようにたゆたう様が美しい

 

 

 

キタミズクラゲ

まるくふわふわした傘に触れてみたい。

 

 

スタンダードなかたちですが

幻想的。

昔の人は水中に浮かぶクラゲを見て、海月と表現したのでしょうか

 

 

ミズクラゲのドリームシアター。

ピアノの生演奏をやっている時間があって、ソファにかけて眺められる部屋になっていました。

これだけでオブジェのよう。

 

 

 

どれも美しい・・・ため息が出るくらい・・・

 

 

水槽の中を漂い上下に浮遊する様は時間を忘れさせ

見る人の心を癒してくれます

 

 

はえぬきらしい

海を知らないクラゲって

 

 

楽しすぎて2周もしてしまった・・・

 

 

 

こんなバー、ほんとにありそう!

※クラゲの生態観察ブースでした

 

 

ちょっと休憩をかねて甘いものでもと買った

クラゲソフトクリーム。

なんというかおいしいソフトクリームの味がした。

 

 

 

途中、海沿いの郵便局へ立ち寄りました。

旅先からハガキを送ってくれる友達がいて、

もらうたびに心が和むので機会があればわたしも書きたいと思っていました。

窓口で山形らしい絵葉書を出したいのですがと相談すると

販売されているのは季節のものしかないようで、

無料のオリジナルのハガキをいただきました。うれしい。

写真撮っておけばよかった。。

あと風景印を押してくださるそうで、

友人のもとに届くのがとても楽しみ!

(一週間くらいかかりました)

手元に着くころにはとっくに帰宅してるんですけどね。

SNSならクリックひとつで即時発信できるのだけど、でも時間がかかるよさがあるのがハガキ。

手書きの文字や消印の日付とかちょっと傷んだ紙面とか、いろんな人の手を伝わって届くから

受け取ったときの感慨もひとしおなんだと思う

 

時間もちょうどよく黄昏になりかけていた。

日本海の夕暮れはうら寂しく切ない

ここから近くのあつみ温泉へ向かう。

海岸沿いに、海に向かってギターをかき鳴らす若者が。

琵琶法師みたいでちょっとカッコイイぞ!!!

 

 

鶴岡市内の旅館に到着。

浴衣と帯が選べるそうで別に見せる相手もいないのにうれしくなってしまう。

 

お部屋は一人にはもったいないくらい広く快適。

ほりごたつもあるのがなんだか北国らしい。

 

夕飯までまだ時間あったので県内のテレビ番組など見つつお風呂へ。

 

 

夕飯。

しゃぶしゃぶと豆板醤鍋でお腹いっぱいになりました。

 

 

デザートのりんごと柿。

すみません。家で出される食卓のフルーツって感じしか伝わらないですね・・・

柿は庄内柿という山形特産。

一度普段食べている愛知のものとどう違うのか比べてみたかったのでちょうどよかった。

柿あんまり好きじゃないのでわざわざ買うのもちょっと思っていた笑

酸味があるわけではないのにすっきりした甘さで、

同じ柿のようにみえてやはり違う。

愛知県のもののほうがこっくりとした甘みの強さがある。

山形のほうが好きかな!

 

 

部屋に戻って就寝。

だがだだっ広い部屋ではひとりなんだか寝付けない・・・

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ