STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

食い倒れ旅行記in高雄4

食い倒れ旅行記in高雄3

つづきです。

二日目午後。

 

青空だったらよかったな・・・曇りでも十分すぎるくらい暑いけど

 

ここから、バスに乗ってパイナップルケーキを買いに行く予定。

予定だけど・・・

 

 

しらべてきたけど場所も行き方もいまいちはっきりせず帰りのバスの本数とかが心配でこのまま駅に戻るか結構悩んだ。

 

 

でもせっかくきたのでとりあえず向かってみる

 

 

すごい田舎のバス停で降りて、

グーグルマップで探したら発見!!!

 

なんかこう分かりそうで分からない店名

 

 

 

しかしこの道路幅・・・

横断歩道もないし。

わたるのに躊躇する。

でも交通量少ないから意外にすんなり横切れる。

 

 

お店↓

あまりお菓子屋さんという雰囲気でないが・・・

 

 

素朴な台湾ガールが試食させてくれました。しかもまるまる一個。

商品なのにいいの?!

 

果実の繊維までしっかり感じられるあんだった。

 

 

さらにパイナップルジュースまで。

わたしが知ってるパイナップルジュースじゃない!

 

ワイルドな100パーセントジュース

日本で飲んだことのないフルーツジュースの味。ちょっとえぐみがあるというか

とにかく濃い。

 

人気12選のパイナップルケーキのひとつに選ばれたよ!

という意味だろうか

 

 

購入のおまけにいただいたおかしたち。

左側のほうのおかしはクラッカーに葱の入ったクリームみたいのをはさんだもの。

初めて食べたけれどあまじょっぱくておいしかった。

次回買いたいな。

 

 

しかし買い物は3分で終わってしまった。

バスが一時間に一本くらいと聞いていたので、

どうやって時間をつぶそうかなと思いながら店員さんに確認したら

駅まで送ってくれるって・・・

 

おねえさんありがとう!!!

 

 

 

 

ちょっと待っててってね言われてお店の前の椅子に腰掛けた

たいして暑くもなく曇ってはいたけど紫外線が気になる

ほこりっぽい軒先は一昔前のガソリンスタンドのような雰囲気で

お客さんがくる気配もなくすぐ目の前の道路をクルマが走っていたか記憶もない

一瞬なんでこんなところにいるんだろうって思ってしまうくらい不思議な時間だった。

しばらくすると高校生時代の押○もえ似の台湾ガールがやってきて、

さあ自家用車に乗ってと促された。

 

台湾は左ハンドル・右側通行らしい。

 

何故かお母さんっぽい女性まで同行www

???どこか行くついでに送ってくれるってことだろうか。

九曲駅に着くと、

二人が冷たいものでも食べに行かない?と言ってるみたい。

 

言われるままについていくと、

こちらを頼んでくれた。

日本人がマンゴーカキ氷好きって知ってるんだね

下の黒蜜?ミックスが謎だが…

 

 

彼女たちはこちらを。

たぶんイモ?わたしのカキ氷の上に乗っけてくれたので味見。

もったりしていて、これ氷と合わせるか??って微妙なお味だった。

 

 

お金払うって言ったんだけどいいよいいよって。

 

 

黒蜜かな。

現地の人はこういうシンプルなカキ氷を好んで食べている気がする。

イモのトッピングも台湾の人たちには馴染み深い味なのかもね。

 

 

カキ氷をつつきながらグーグル翻訳でちょっと会話した。

 

台湾小姐:あなたがカキ氷を全部食べてしまわないか心配です。

 

ん??

(量が多くて)あなたがカキ氷を全部食べられないか心配です。の間違いなのか

それともほんとに全部食べてしまうことを心配しているのか

 

 

わたしが、

日本ではこんなサービスはありえないですと伝えると

 

台湾小姐:高雄人は熱心です

 

そして

わたしたちはとおいです

 

と。

遠いっていうのは、たぶんここが高雄郊外で観光客はなかなか来ないってことなんだろう。

日本語の案内があったのはそれでも口コミでぽつぽつ来る人たちがいるってこと

わたしもその一人だった。

シンプルな言葉に心打たれた。

来てよかった。

 

 

カキ氷代も結局受け取ってくれなかった。

 

 

お店を出て、駅まで見送ってくれたんですが

お母さんがここで写真撮ってあげるよと言ってくれた駅の前。

ただそれだけなのにじんときた。

今までもここに送ってきた何人もの日本人のお客さんに記念撮影を勧めたんだろうな。

喜んでくれるように、記念にどうぞって。

 

台湾の人の優しさとサービス精神に感動してしまった。

 

お店の情報を載せておきますので

高雄旅行の際にはぜひ行ってみてください。

 

『幸福原味』

高雄市大樹區中正一路388號

仏陀記念館観光と合わせて行くのがおすすめ。

 

 

 

ふたりと別れ、駅構内へ。

改札を通ろうとしたら何故か交通カードがエラーで入れない。

仕方なく駅員さんに声をかけるたがお互い言葉がわからずあたふた。

気づくと後ろに子供づれのおばちゃんが並んでる。

このひとたちはきっと切符を買うだけだろうと思って譲ろうとしたら

遠慮されてしまって、おばちゃんが英語で助けてくれた。

おばちゃんありがとう・・・

やっと改札をくぐると今度は別の駅員さんが

どこ行くんだと話しかけてくれ、

ずぅおういぇん(左營)って言ったら通じた笑

 

プラットホームを教えてもらって、階段を上がる

月台とはプラットホームのこと。

 

台鉄九曲駅は人気がほとんどなくてのんびりしていた

暑いけれど空気はからりとしていてホームに流れこんでくるぬるい風が、

なんともいえない夏のけだるさを味あわせてくれる

どこか懐かしい雰囲気。

 

若い男の子がホームのあちこちで写真を撮ったりしていた。

どこの国にも鉄道ファンっているんだね。

しばらくして電車が到着。

 

各駅停車のゆったりした運行に、名鉄を思い出した。

台鉄左營駅から乗り換えて地下鉄に乗り、ホテルへ。

 

 

荷物を置いてふたたび美麗島駅から終点の西子湾まで移動。

 

 

 

駅からちょっと歩くとフェリー乗り場がある。

フェリーも電子カードで乗れます。

確か、半島の住民用とそれ以外とで列が分かれていたような。

 

目指すは向かいの、旗津半島。

人は2階。

 

バイクは1階。

またがったまま乗るらしい

排ガスがすごいってネットで見た。

エンジンかけたまま乗るのねwww

 

 

船に揺られること数分。

地図で見ると泳いで渡れそうなくらい近い

 

 

 

あっという間に到着。

 

 

潮風にあたりながら沈む夕日を眺める。

暮れなずむ空を映した銀色の水面が、きらきらと煌いて、この時間に来てよかったと思った。

 

旗津は海鮮の街。

ということで

海外旅行では敬遠しがちな海鮮にトライしてみます。

 

いろいろ見てまわってからお店を決めるつもりが、

いきなり通り沿いで客引きのおにいさんにつかまり

つい促されるまま一軒目で入店、、

どれを選んでも100元らしい。

高いのか安いのか妥当なのか

 


 

エビはちょっと高くて200元。

でもエビが食べたかったからそれと

イカを。ひとりだから二品でいいや。

選ぶと調理して席まで持ってきてくれます。

 

 

1階が全席埋まっていて、

ひとり2階へ。寂しいwww

 

ごはんはおかわり自由。

プラの謎カップにほんの少しだけよそい、

しばらく待っていると

 

来た!!!!

え・・・エビ多いな!!!

むしろ100元で半分でいいよ!!!

 

 

イカ。

たまねぎたっぷり入っていてイカと見間違う。イカも多いけど。ニンニク風味でおいしい

 

 

エビは剥くのめんどうだったけどなんとか完食。マヨネーズほしかったな・・・

 

たぶん50尾くらいはあったと思う。。

半年分のエビを食べた気分。

 


海鮮に満足したあとは海まで散歩してみる

カップルしかいないけどな・・・・・・

 

 

 

途中イカ焼きのお店があって、ひとつ購入。

 

 

 

イカは消化しにくいから、さっき量を控えたはずなのに

 

 

ちょっと甘辛い。香辛料が振ってあって、ピリピリする。

甘みが強いので見た目から想像する味と違うってことで、日本人好みじゃないというコメントを見たけど

わたしは平気だった。みりん系の味付けが好きなひとならいけると思う

イカ焼きを食べながら海を眺める

 

 

あービール飲みたい~

スニーカーだったので波打ち際までは近づかなかった。

 

 

 

ちょっと寝転んで空を見上げたり

砂で汚れてもいいし

誰の目を気にすることもなく自由にいられて幸せ。

この島で、この台湾でわたしのこと知ってる人誰もいないんだなと思うと

この開放感。

一人旅するならわざわざ危ない海外選ばないでも国内でいいじゃんっていう人が多いんだけど

そうじゃないんだ・・・

 

 

帰りはまたフェリーに乗って、地下鉄へ。

なんとなく食べたりなくて近くのパン屋さん?で肉まんをテイクアウト

 

あとコンビニに寄って帰ります。

というか宿の1階がコンビニなんだよね。

 

宿に着いて、キッチンで晩酌。

 

みてこのサイズ

わくわくしながら割ると

 

 

ミートボール?!

 

 

 

鳥ミンチかな。あっさりしてました。

パン部分は分厚くとてもふかふかでおいしかったです。

台湾の肉まんは総じてレベル高いと聞く。

確かにパン部分も日本のとはまったく比べ物にならないくらいしっとりふわふわの生地で

大満足。中身はミートボールだが・・・

 

 

コンビニで、お酒と

 

手羽先を購入。

 

 

 

・・・のはずが、

鶏足だった。味はいいけど身がほとんどなくてかなしいwww

あと見慣れてないのでかなりギョッとしたwww

 

 

初台湾ビール。

薄味で飲みやすい。でも500mlはわたしには多い・・・

 

 

 

心の中で手を合わせつつキッチンの流しへ。

ほろよいできょうはおやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ