STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

秋日和

 

 



家族が豊田市駅周辺で配っていたよともらって帰ってきました。

 

 

 



なかなか手が込んでます

 

 

ただいま豊田市美術館にて開催中のクリムト展に行ってきました。



終わり間際の駆け込みだからか平日なのにすごい人!

10時オープンのため少し前に駐車場に着いたんですがすでに奥のほうのスペースしかあいていない。

 

さらにチケット購入待ちの人の信じられないくらい長い長い大行列が。

今日・・・平日だよね?なんでこんなに人いるんだろう??

みんな有給取って来てるんだろうか

っていうかクリムトこんなに人気あるんだね・・・

※チケットはコンビニで事前購入をおすすめされていましたが買い方がわからないため現地で強行したところ

15分くらい並ぶことに。時間にすると意外に早い。

SNSとか見ると60~80分待ちもあるみたいです。あの列で15分なのに60分ってどうなっちゃうの

尚、一緒に行った友人は近々行きたい展覧会があるそうで年間フリーパスを購入していました。

今日の一般チケットが1600円なんで2回展覧会に行けば元が取れちゃいますのでお得です。

さらに同伴者のチケット購入時に団体料金に割引。

おまけにフリーパス購入者は別カウンターで購入時間も短くすんなり買えるようです。

年間2回以上行かれる方は絶対年パスのほうがおすすめです!

前置きが長くなりました。



 

ようやくチケットを購入して会場に入れたものの身動き取れないくらいのひとごみで

とてもひとつひとつじっくり鑑賞していられない。

美術館ってこんなにぎゅうぎゅうで見て回るものだったっけ?!とすら思った。

あらためてクリムトの人気ぶりに驚かされました。

しかし生涯独身を貫いたというのに子供が14人もいたというエピソードを読み衝撃・・・

官能的で華やかな作風が有名ですが

はっとするような色使い・また印象派みたいな風景画も見ることができて

あらたなクリムトの魅力を知り、とてもよかったです。

金箔を使った煌びやかな代表作たちの存在感・美しさにはやはり目を見張るものがあります。

あわただしい鑑賞になってしまったのが悔やまれます。



 

出口付近にあったミュージアムショップに寄りましたが、

プリントされた絵とは比べても仕方ないのですが

展覧会の、間近で作品を見られることの価値を感じました。

 

 



話題のトリエンナーレも開催中。

 

 

改装後初めて訪れましたがあまり変わっていなような・・・



相変わらずキレイでモダンなデザインです。

 

 

常設展とあと漆芸家の高橋節郎館も巡りました。



漆芸は難しいなと思った。

 

 

 



椅子が並べてあって庭を眺めながら休憩できる

企画展のほうと違ってひと気がないのがいい

 

 



 

昼ごはんを食べようかと駐車場に向かったところ満車になっていました。

チケット売り場ははけていたけど早めに来てよかったみたいです。

近くのカフェに行ってみましたが無謀すぎましたね。ざっとみたところ20人待ちのため別のお店へ。

 

そうです。

エコフルタウンのカフェです。



 

駅からだとと少々距離があって、駐車場もあるんですけど芝生の上なのでなんだか抵抗あります笑

 

 

エコフルタウンについては一度書いた記事があるので割愛。

エコな春



 



上でご紹介したフリーペーパー(というのか)にも載っています。

 

 

こちらのお店はガラガラというわけでもなくそこそこ人が入っていても何故か落ち着く雰囲気で

おすすめです。



穴場的な。

 

 

 



インターホンに戸惑う

 

入って見ると一軒家だけど家じゃないつくりで不思議です。

 

ふたりとも日替わりランチのタコライスにしました。



990円。

 

というか前回も同じものを頼んだような・・・

 

 



ひき肉がスパイシーで、シンプルながらとてもおいしい!

 

 

+ドリンクとアイス。



友人はフレンチトーストを頼んでいました。

 

クラフトビールのメニューが壁にかけてあったのでアルコールも飲めるのかも。

 

 



わたしたちが案内されたミニカウンター。

窓があるせいか窮屈感がなくほどよいプライベート空間で居心地いいです。

 

 



 

駅からふらっと歩いて、

今時分ならほどよく涼しく散歩も楽しそう。こんなお宅に飲みにお邪魔したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ