STAFF DIARY

三河日産 スタッフブログ

TeamLabo


早いものでもう10月。

増税になったけど、
あんまり実感わかないし
普段からキャッシュレスだとお金を使ってる感覚も
薄れてきますよね。

(時限爆弾として来月に思い知るトラップカードなんですがね)



さて、
今回の話題はタイトルにもあるとおり。

ご存知の方も多いでしょうか?


Team Labo in tokyo

(クリックしてみてください。みるとよくわかる)



デジタルアートを様々な媒体で表現する団体です。



結論からいうと…



『すごく楽しかった』


あっという間に2時間すぎてしまいました。



ただ、プロジェクションマッピングをみるだけかなあと
思いきや、入場口で足並みを止められ…


「ここで荷物を預けて素足になっていただきます。」


いったい何をさせられるんだろうとドキドキ。
その時のアナウンスで、
「膝まで濡れますので、ご希望の方にはハーフパンツを貸し出してます」
というから更にドキドキ。
膝まで濡れるって…何が起きるの…






足元に淡い光が灯るのみの
上り坂を裸足で歩きます。
少し柔らかいクッションみたいな生地。






水!!!!!!!!

水が流れている。
これか、裸足の意味は。

足の甲がつかるくらいの水が
上の滝から流れ注いでいる。

この時点で語彙が
「やばい!yば、やばい!!」
だけになる。

タオルを渡され、足を拭き、
また暗く長い廊下を歩きます。

この廊下も、
硬い材質沈むような生地カーペットみたいな生地
と数歩ごとに足裏から伝わる感触が異なり、
もう廊下さえおもしろい。

視界が開けた先に広がったのは、
壁や天井が真っ黒で、
床は人が大の字になってちょうどいいくらいのビーズクッションが
隙間なく敷き詰められている空間。


その時思ったのは


『ここは寝室?』


ただそのひとつだけ。
人をダメにするクッション(○印良○)がこんなに詰まってるなんて。
ちなみに壁もビーズではないけどやわらかい。

ここで起きてしまう現象が、
『恋人たちが壁沿いに座って動かない現象』
です。





ブレッブレ

足元不安定極まりない中撮ると
とんでもないことに。

でもこれで伝わったでしょうかね?
クッションと人が敷き詰められている状況。

女4人でしっかり壁にもたれかかって写真は撮りました。
でもこの施設、フラッシュ禁止なんですよ。
なんで、画像も汚くてしょうがない。


ちなみにここはブラックホールを表現しているそうです。
たしかに、
とても歩きづらく、黒い空間はさながらブラックホール。


ここまで記述したとおり、
ただ映像空間があるわけではなく、
触って感じて空間に沈みこめるような
体験型の施設なんですよ。


まだまだ、ブースは続きます。
また次回に!!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

最近のエントリー

アーカイブ